9ヶ月の娘と一緒に泊まった「 アクア パシフィック モナーク 」の1ベッドルーム(スイートタイプのお部屋です)のお部屋を写真とともに詳しく紹介します

(モデルの佐藤栞里(しおり)さんが「アナザースカイ」で、子どもの頃から家族でハワイを訪れる度に泊まっていた定宿として紹介していたのと同じお部屋です^^)

まずはドアを開けて中に入るとすぐにダイニングテーブルとソファのあるリビングルームがあります
壁一面がほとんど大きな窓なので、お部屋はとても明るいです

DSCN4846

ダイニングテーブルは4人掛けです

DSCN4838

リビングダイニングの横にキッチンがあります

私の撮った写真はリビングが明るすぎて逆光になってしまいましたが、実際にはまさにこんな感じのインテリアです


>> アクア パシフィックモナーク 1ベッドルーム

キッチンは、アメリカにしてはコンパクトかもしれませんが、電子レンジ、トースター、炊飯器、ヤカン、フランパン、鍋、包丁、まな板、缶切り、お皿、フォーク、スプーン、ナイフ、キッチンペーパー、洗剤、スポンジなど必要なものは一通り揃っていました

モナークキッチン


しっかりお料理したいママにはちょっと物足りないかもしれませんが、娘(9ヶ月)のミルクを作ったり、離乳食を温めて食べさせたりするには、とても使いやすいキッチンでした


今回は、ハイハイ期真っ最中の娘と一緒だったので、リビングはローテーブルを窓際に移動して赤ちゃんスペースにしていました

DSCN4849

ハウスキーピングのおばさまが大きなシーツを貸してくれたので、滞在中はリビングにシーツを敷かせてもらって、娘は快適にハイハイしたりゴロリとしたりしていました^^

ハイハイ期のホテル、コンドミニアムについてはコチラに書いてます
>>ハイハイ期の赤ちゃんにはホテルよりコンドミニアムがお薦めです


リビングルームのガラス戸の向こうは、ラナイ(バルコニー)です
今回は娘がうっかりハイハイで出ていっては大変なのでほとんどラナイは使いませんでしたが、夫婦ふたりで泊まった時にはラナイで朝食を食べたり、夜はビールを飲んだりしていました

モナークラナイ

高層階のオーシャンビューのお部屋だとラナイからも海が見えます


リビングとキッチンの奥がベッドルームとバスルームです

DSCN4847

ベッドルームはアロハシャツの柄のようなハワイアンなインテリアがいい感じです
そんなに広くありませんが、寝るとき以外は広いリビングルームで過ごしていたので気になりませんでした

DSCN4840

ベッドはツインベッド2つか、クイーンサイズ1つか選べたので、わが家はクイーンサイズを予約しました
ベビーベッドもリクエストはできますが、お家でも添い寝してるので、娘がベッドから落ちたりしないように真ん中にはさんで川の字でベッドで一緒に寝ました^^


バスルームはユニットバスですが、バスタブがあります
(ハワイのホテルはシャワーだけのお部屋も多いです)
シャワーの水圧もバッチリだったので、トイレが別だったらもっと良かったかな~、と思ったくらいで問題ありませんでした

DSCN4841

(赤ちゃんをバスタブでお風呂に入れる方法はコチラに書いてます
>> ユニットバスで赤ちゃんをどうお風呂に入れる?


シャンプーやコンディショナーなどのアメニティ―は使ったら毎日交換してくれました

モナークアメニティ

家族で1泊2万円台はお得です


ロケーション、お部屋の広さ、キッチン、その他の設備など、赤ちゃん連れで泊まるための色んなポイントを考えてみて、総合的なコスパの良さで、「アクアパシフィックモナーク」を選びましたが正解でした

私たち家族の泊まった1ベッドルームは、広さ41㎡だそうなので、家族3人で滞在するには十分な広さでした
この広さと設備で家族3人で1泊2万円台で泊まれるのはかなりお得だと思いました^^


ハワイは、季節やイベント時期によってホテルの料金がずいぶん変わりますので、料金は事前にチェックしてみてくださいね

>> 今シーズンの料金をチェックする

パシフィックモナーク外観
>>「アクアパシフィックモナーク」

大人女子の最新オススメ美活

レイフェイスほうれい線

【口コミ】リファカラットレイフェイス買って使ってみた

7月15日に発売のReFa最新モデルを1ヶ月先にフライングゲットして使ってみた感想やビフォーアフター写真など口コミレビューです♡



Youtube リファ使い方

【動画】リファカラットレイフェイスの使い方

ReFa最新モデル リファカラットレイフェイスのほうれい線・二重あご・リフトアップに効果的な使い方を動画で紹介しています♪